日本刀やお酒の買取業者に査定依頼し高額買取り|プロの目

日本刀

古書店で売る

専門知識のある古書店を選ぶ

一般的な古書買取店では、本の状態だけが問題になり、内容までは評価されないのが普通です。新しくてキレイな本なら高額買取、汚れていれば値段がつかないこともあります。このような店で専門書を売るのは考え直したほうが良いかもしれません。 専門書は出版される部数が少なく、希少価値を持っています。そのぶん需要も少ないのですが、本当に必要としている人なら、値段はいくら出しても欲しいと思う場合があります。そうした価値を知っている古書専門店であれば、一般的な古書店の何倍もの値段で買い取ってくれる可能性があります。 そのかわり、出版部数の多い小説や文庫本などは、専門店に売却するメリットがあまりありません。本によって売る相手を選ぶのが大切です。

専門書買取の相場とは

専門書はジャンルや内容によって評価が大きく変わるため、平均的な買取価格を出しても大きな意味はありません。ただし古書買取の一般的な傾向として、初版からの年数が経過するほど価格が下がることは共通しています。この傾向は特にコンピュータ関連書などで強く見られます。逆に法学や医学に関する専門書は、有名な著者のものであれば、多少古くても高額買取が期待できます。また美術書は、年数が最も価格に影響しにくい分野と言えます。そのかわり、本の状態が悪いと値段が下がります。 専門書といっても書かれた知識が陳腐化していたり、無名な著者のものだったりすると、100円程度になってしまうこともあります。ただし店によって得意分野が違うので、複数の店に査定してもらうのも良いでしょう。